gtag('config', 'AW-1040541849');

先月の経費削減・補助金の相談件数

2022
4

47のご相談をいただきました。

2522年3月先々月は、52のご相談をいただきました。

  • 相見積もりOK
  • 値下げ交渉歓迎
  • 過去13年3,000社以上
お電話での無料相談・お問い合わせ

【補助金コラム】事業再構築補助金で建物の新築を検討されている方はお急ぎを

【補助金コラム】事業再構築補助金で建物の新築を検討されている方はお急ぎを

2022.01.17
   

こんにちわ!

2022年度にも事業再構築補助金が継続されますが、

2021年度版から変わる内容も結構あるので、何回かに分けて紹介します。

 

1、緊急事態宣言枠が無くなった!

  2021年12月発表時点では緊急事態宣言枠が無くなります。

  再構築補助金の中でも通りやすい枠が一つ減る事になりますね。

  代わりに回復・再生応援枠が設けられますが、名前を変えただけかもしれないです。

 

2、グリーン成長枠が新設!

 補助上限が1.5億円に引き上げられますが、エネルギー関連等の14分野の事業者限定になります。

 

 これもなかなかハードルが高そうですね。

 

こういった部分は2022年の6次申請からなので、新設される枠をご希望の方はお待ちください。

 

 

ですが、5次までは対応していたけど6次以降は範囲が狭くなる部分として

「建物費」については、原則、改修の場合に限ることとし、

新築の場合には、一定の制限を設ける。

 

5次申請(2022年3月締切予定)までは、新築の建築費も対象ですが、6次以降は新築を対象にするには

制限をつける・・・これ、工場の新設等を検討されている方は多いので、影響が大きそうですね。

どんな制限が未だ分からないので、気になります。

 

新築を検討されていた方は、6次以降に・・・では、建築費を対象出来ないかもしれないので 

急ぐ必要がありますね。

 

新築では無く内装等のリフォームは問題なく対象に成るようです。

 

他にも多くの変更点がありますが、1度に全部は案内できないので、順次解説していきますね。

 

直ぐに内容を聞きたい!相談したいという方は、お問い合わせください。

経費削減・補助金無料診断

 

 

 

 

前のページに戻る