gtag('config', 'AW-1040541849');

先月の経費削減・補助金の相談件数

2022
4

47のご相談をいただきました。

2522年3月先々月は、52のご相談をいただきました。

  • 相見積もりOK
  • 値下げ交渉歓迎
  • 過去13年3,000社以上
お電話での無料相談・お問い合わせ

【補助金コラム】サプライチェーン対策のための国内投資促進事業

【補助金コラム】サプライチェーン対策のための国内投資促進事業

2022.03.29
   

みなさん、こんにちは。

本日は新型コロナウィルス感染症の影響を受けて、海外で調達していた部材が国内へ入り難くなっている現状に対して

国内での生産拠点をサポートして、国内製造業等の滞りない稼働、強靱な経済構造の構築を⽬指しましょう!と言う補助金をご案内します。

半導体不足が様々な業界に影響を及ぼしていますので、皆様も逼迫の度合いがわかりやすいと思います。

サプライチェーン対策のための国内投資促進事業費補助⾦

そもそも「サプライチェーン」とは?

商品や製品が消費者の手元に届くまでの、調達、製造、在庫管理、配送、販売、消費といった一連の流れのことをサプライチェーンといいます。

この中のどれかが滞ってしまうと、消費者の手元に商品が届きません。

事業⽬的・概要
新型コロナウィルス感染拡⼤に伴い、我が国サプライチェーンの脆弱性が顕在化したことから、国内の⽣産拠点等の確保を進めます。

公募期間:令和4年3月1日~令和4年5月6日正午まで

補助対象:建物・設備・システムの導入費用

補助対象事業

①補助対象事業A
生産拠点の集中度が高く、サプライチェーン途絶によるリスクが大きい重要な製品・部素材の供給途絶リスク解消のための生産拠点整備事業

以下に関係する工場が対象です。

【デジタル】:半導体関連、次世代自動車関連、ロボット部品、ドローン部品、ディスプレイ、光ファイバー部材

【グリーン】:電動車関連、洋上風力発電関連、航空機関連、高効率ガスタービン部品、定置用蓄電池

②補助対象事業B
感染症の拡大等に伴い需給がひっ迫するおそれのある製品であって、感染症への対応や医療提供体制の確保等国民が健康な生活を営む上で重要な物資の生産拠点の整備事業

以下の様な感染症に関係する製品を生産する工場が対象です。

・抗原検査キット
・検査用スワブ
・PCR検査試薬
・PCR検査機器
・給湯器関連物資

③中小企業特例事業
重要な製品・部素材の生産に必要となる部品等を供給する事業

 

補助上限/補助率

補助対象事業A、補助対象事業B
 中小企業補助率: 1/4~2/3 

 補助上限:100億円

中小企業特例事業

 補助率:2/3以内

 補助上限:5億円

補助上限、補助率共に高いですね!

補助対象経費

・建物取得費
・設備費 必須(設備の取得を伴わない案件は補助対象外)
・システム購入費

そしてこの補助金、事前着手が認められています!!

ただし、「必要性・緊急性に鑑み、2022年1月28日以降発生した経費等についても補助対象経費として認める場合もあります。」

と有りますので、全ての事業者様に当てはまるわけではないのでご注意ください。

 

無料相談はこちらまで!

経費削減・補助金無料診断

前のページに戻る