先月の経費削減・補助金の相談件数

2020
6

62のご相談をいただきました。

2020年5月先々月は、48のご相談をいただきました。

  • 相見積もりOK
  • 値下げ交渉歓迎
  • 過去13年3,000社以上
お電話での無料相談・お問い合わせ

【経費削減コラム】賢く使い分けよう!複合機とプリンターの違い

【経費削減コラム】賢く使い分けよう!複合機とプリンターの違い

2020.04.2
   

事業を行う上で、チラシや資料をPCから印刷したり、逆に資料をデータとしてPCに取込んだり、必要部数をコピーしたり、発注書などを取引先にFAXしたり、様々なビジネスシーンで利用する機械として「複合機やプリンター」が有ります。

 

複合機とは、1.プリンター 2.コピー 3.スキャナー 4.FAXといった4つの機能が全て網羅された機械のことで、事業を営んでいる事務所や店舗などに1台は有ります。

新品で購入(現金orリース)された場合、印刷する度にカウンター料金が発生します。「カウンター料金=保守料金」となっており、機械の故障時やトナー交換などが発生した際、メーカーや販売店が対応します。

 

プリンターとは、主に「インクジェットプリンター」と「レーザープリンター」に分類され、複合機で言うところの1.プリンターに特化した機械です。皆さんがご自宅で年賀状を印刷(プリント)する際に使用する機械は、ほとんどが「インクジェットプリンター」かと思います。

 

◆「インクジェットプリンター」と「レーザープリンター」の違い

「インクジェットプリンター」と「レーザープリンター」の違いですが、

非常にざっくり言いますと、「家庭用と業務用」 の違いです。

特に、

①印刷速度

②画質

③料金

が異なります。

インクジェットプリンターとレーザープリンターを比較した際の一覧表です。

インクジェットプリンターは業務用を想定された機械では有りません。連続印刷枚数が100枚を超える場合は、メンテナンスを行いながら印刷される事をお勧めします。

 

【こんな事業主様はインクジェットプリンターがおススメ!】

・月間の印刷枚数が1,000枚未満

・画質にこだわりが無い

 

事業者様向けに、印刷し放題用のインクジェットプリンター(レンタルプラン)もございますので、初期費用を抑えたい!毎月のランニングコストも抑えたい!事業者様はこちらをご覧ください。

印刷代・トナー料金の削減(プリント放題)

 

自宅兼事務所を卒業してオフィスや店舗を借りるころには、スタッフや取引先等も増えて、インクジェットプリンターでは対応しきれない状況になるお客様が多いです。そうなりましたら、業務用の「複合機・レーザープリンター」にお切替え頂いた方が良い時期かと思います。

 

 

◆レーザープリンター or 複合機 どちらを選択すべき?

お客様からのお問合せで良く頂くご相談内容が、「レーザープリンターと複合機のどちらを最初に入れた方が良いか?」というご相談です。結論を先に言いますと、お客様のご利用状況により異なります。

複合機とレーザープリンターを比較した際の一覧表です。

 

「コピー・FAX・スキャン」機能を今後一切使用せず、トナー交換やメンテナンスをお客様がされる場合は、レーザープリンターが良いかと思います。理由としては、初期費用が複合機と比べて圧倒的に安いからです(アマ●ン等では、新品9万円以下で販売されています)23年ほど使用して、本体が壊れた際は、再度ネット通販でレーザープリンターを購入する方法が安上がりです。トナーも基本、ネット通販で都度購入される事をお勧めします。

 

ただ、いくらペーパーレスの社会だと言っても、コピーやFAXする度にコンビニに走ったり、取引先がFAXを送りたい時に「弊社にはFAXが有りません。」と言うのも企業取引の信用に関わりますので、個人的には最初の1台は全ての機能が網羅された複合機を選択する方が良いと思います。 一番賢い使い方は、弊社でも活用していますが複合機のレーザープリンターの併用です。(設置スペースは取りますが…)

 

印刷が多いプリント機能はレーザープリンターで行い、その他の機能を複合機で行います。そうする事で、複合機の劣化を抑える事が出来、万が一、レーザープリンターと複合機の片方が故障した際も、「印刷が出来なくなった!」と困る事はありません。一番焦るのは、印刷時に機械が故障して、大事な資料の印刷が出来なくなる事ですからね!

 

 

次回のコラムはオフィス事務所や店舗などに1台は設置されている「複合機」の導入方法とカウンター料金についてお届けします。

 

前のページに戻る