先月の経費削減・補助金の相談件数

2021
9

62のご相談をいただきました。

2021年8月先々月は、57のご相談をいただきました。

  • 相見積もりOK
  • 値下げ交渉歓迎
  • 過去13年3,000社以上
お電話での無料相談・お問い合わせ

【補助金コラム】GbizIDはもうゲットした?どんなメリットがあるの?

【補助金コラム】GbizIDはもうゲットした?どんなメリットがあるの?

2021.03.26
   

こんにちわー!

最近、コラム内でもよく出てきている「GbizID

 

登録がまだの人は早く申請してください!ってよく言われているけど、

それをとるとどういいの?何ができるの?という質問があったのでご説明します!

 

補助金電子申請システム「jGrants」

jGrantsとは、補助金情報の確認・申請〜交付後の完了手続きまでを、オンラインで手軽に行えるシステムです。

 

jGrantsを入手するメリットとして3つあります!

補助金の申請から交付完了後の手続きまでを、jGrant上で一貫して行える

補助金申請に関する作業を全てオンラインで完結できるため、郵送費などのコストも削減され、スピーディーな申請が可能。郵便局に間に合わない!と走りこむ必要もなくなります!笑

 

②24時間365日いつでも補助金の申請が可能

ネット環境が整っているところであれば、いつでもどこからでも補助金の申請手続きができます。申請状況についても、リアルタイムで確認が可能です。(申請締め切り時間はもちろんありますが…)

 

ひとつのGビズIDプライムアカウントで複数の補助金へ申請が可能

ひとつのGビズIDプライムアカウントで、jGrants利用対象の補助金に、複数申請が可能です。
また、過去に申請した補助金の情報が自動入力されるため、申請の度に何度も同じ情報を入力する必要がありません。(会社情報等)
※補助金によっては、併用できない場合がありますので、必ず申請前に概要をご確認する必要があるので注意です!

 

【現在jGrantsで申請対象の補助金】
・IT導入補助金
・ものづくり補助金
・小規模事業者持続化補助金
・事業再構築補助金

これ以外にも今後対応する補助金が増えてくるので

GbizIDの申請をお勧めしていたわけです!!!(ごり押し)

 

小規模事業者持続化補助金の低感染リスク型ビジネス枠は電子申請のみの受付との事です!

電子申請のみか電子申請でも可なのかのチェックも忘れずに!!

 

 

 

Tでした!

 

 

 

前のページに戻る