先月の経費削減・補助金の相談件数

2021
4

63のご相談をいただきました。

2021年3月先々月は、59のご相談をいただきました。

  • 相見積もりOK
  • 値下げ交渉歓迎
  • 過去13年3,000社以上
お電話での無料相談・お問い合わせ

【補助金コラム】既存建築物省エネ化推進事業をもう少し解説!

【補助金コラム】既存建築物省エネ化推進事業をもう少し解説!

2021.05.14
   

みなさんこんにちわ!

 

めっちゃ暑くて扇風機に吹かれながらコラムを更新しております

5月で30度超えるのは勘弁してほしいですね…

 

そんな話は置いといて!

 

今回は前回ちょこっと紹介した既存建築物省エネ化推進事業

ついてもう少し詳しく説明しようと思います!

まずはこの補助金の内容を紹介します!

 

【既存建築物省エネ化推進事業とは?】

⇒建築物ストックの省エネルギー改修等を促進するため、民間事業者等が行う省エネルギー改修工事や省エネ

ルギー改修工事に加えて実施するバリアフリー改修工事に対し費用の一部について支援してくれます。

工場や実験施設、倉庫などは対象外となりますが、断熱や二重サッシなどで構造躯体の改修を実施し、

建物全体の省エネ率20%以上の省エネ効果が見込まれれば、改修工事費用の1/3を受給出来る可能性のある補助金です。

 

【申請対象】

既存のオフィスビル等の住宅以外の建築物(工場などはNG)

 

【事業要件】

①躯体(外皮)の省エネ改修を行うものであること

② 建物全体におけるエネルギー消費量が、改修前と比較して20%以上の省エネ効果が見込まれる改修工事を

行うものであること。

 

※躯体(外皮)の省エネルギー改修工事とは

・屋根や外壁等の断熱工事
・窓や出入口と言った開口部を複層ガラスや二重サッシにする
・庇やルーバー等を取り付ける日射遮蔽工事
・躯体改修工事 等

 

【補助対象経費】

① 省エネルギー改修工事に要する費用

② エネルギー使用量の計測等に要する費用

③ バリアフリー改修工事に要する費用(省エネルギー改修工事と併せて行う場合に限る)

④ 省エネルギー性能の表示に要する費用

 

といった感じでずら~っと書いてみました!

 

この補助金のポイントとしては

省エネ化のついでにバリアフリー化するならそれも補助するよという補助金なんですね!

空調等入れ替えるついでにエレベーターなどを設置するのも可能になります。

(もちろん省エネ改修工事だけでも大丈夫です!

 

注意しなきゃいけない点は

新規に省エネの設備を導入することはNG

バリアフリー改修工事のみはできない

です!

 

この補助金をお勧めしたい人はこんな方!

・補助金を活用して低予算で設備更新をしたい

・建物のバリアフリー化を検討中

こんな方はご相談下さい!

 

以上、Tでした!

 

 

前のページに戻る