先月の経費削減・補助金の相談件数

2021
5

62のご相談をいただきました。

2021年4月先々月は、63のご相談をいただきました。

  • 相見積もりOK
  • 値下げ交渉歓迎
  • 過去13年3,000社以上
お電話での無料相談・お問い合わせ

【補助金コラム】病院や診療所内で保育施設を運営する場合に!

【補助金コラム】病院や診療所内で保育施設を運営する場合に!

2021.06.29
   

みなさんこんにちは!

本日は病院や診療所で働いていらっしゃる看護職員さんなどのために

保育施設を運営する事業について必要な経費の一部を補助する制度をご紹介します。

院内保育とは?

院内保育(病院内保育)とは、医師・看護師・看護助手など医療スタッフの子どもを預かる保育施設です。
病院は24時間・365日体制のため職員はシフト制ですが、交代勤務など不規則になることが多いです。さらに、救急の患者対応などより急な出勤をしなければならないこともあり、我が子を一般の保育園に預けることは難しい面があります。

そんな病院のスタッフが働きやすく、また、出産・育児による医師や看護師の退職を防止し、産休や育休後のスムーズな復帰や再就職の後押しをするために、院内保育所が設置されるようになりました。

病院内や近隣に設置・24時間体制が多い
院内保育所は、病院内または近隣に設置され、病院の稼働に合わせて24時間体制のところが多いです。職員はシフトに合わせて子どもを預けやすく、急な発熱や体調不良の場合でも医師にすぐ診てもらえるので安心して働くことができます。

院内保育所の運営は、厚生労働省の助成や自治体の補助制度を活用することができるため、近年は小規模病院でも院内保育所を設置するところが増えてきています。

今回ご紹介する補助預金は

院内保育事業運営費補助金(広島県)

近年は都心部を中心に保育施設を設置した医療施設が増えてきてはいますが、

地方ではまだまだ不足しています。

今回ご紹介するのは広島県ですが、各地方でもわかり次第ご紹介させていただきます。

 

公募期間 ~2021,8/6

補助上限 8,000万円

対象となる経費は 人件費、委託費

となっています。

院内保育の充実によって医療施設で働く看護師さんの労働環境の整備。

そこで働く保育士さんの雇用も生れます。

活用いただき、更に働きやすい環境になると良いですね!

 

 

 

 

 

 

 

前のページに戻る