先月の経費削減・補助金の相談件数

2021
1

62のご相談をいただきました。

2020年12月先々月は、66のご相談をいただきました。

  • 相見積もりOK
  • 値下げ交渉歓迎
  • 過去13年3,000社以上
お電話での無料相談・お問い合わせ

【補助金コラム】補助金の加点項目って?

【補助金コラム】補助金の加点項目って?

2021.02.9
   

みなさんこんにちわ

2月5日に小規模事業者持続化補助金 コロナ特別対応型の採択結果が発表されました。

申請件数:52,529件
採択件数:15,421件
採択率:約29%   と申請数が多く採択率が厳しかったのですが、

 

当社での採択率は、なんとか70%を確保でき、ほっとしました。

 

そんな中、どうしたら採択率上げれるの?という質問も多かったので、

どんな風に申請書を作成したか聞いてみると、

『加点項目』 みなさん結構スルーされてます。

 

補助金のほとんどは、内容によって申請に点数がつけられ順位がつけられます。

補助金の予算内の順番にいれば、採択されるという感じなのですが、

もちろん、減点や加点項目があります。

 

 

よくある減点項目は、過去に同じ補助金で採択されている事ですね。

採択された過去があっても違う年なら申請できる補助金が多いので、そういう減点項目があります。

 

 

 

その逆に加点される内容もあります。

従業員の給料を上げる・起業したばかり

経営に関する改善計画を役所に提出している・・・etc

をよく目にします。コロナで売上が落ちた事を証明、というのも昨年よく聞きました。

 

 

 

例であげるくらいに、この加点が侮れません。

というか、補助金によってはこの加点項目が無いと、まず採択されないというものもあります。

 

 

 

その加点項目ってどうやって知るのか?と聞かれますが、

これ全て募集要項とか申請書に載ってるんですね。

 

わかりやすく募集の手引きや記載例が別にある場合等、要項・要領を読まないと

他にもある重要なポイントを見逃したりします。

 

 

 

他にも採択率を上げるポイントは多くありますが、これ以上は

経費削減WIN!に、申請代行の依頼をされた方だけという事で!

 

 

 

宣伝!2月18日に、当社の代表が、

飲食店支援集団Ringの無料セミナー@ZOOMで補助金に関する事を

50分前後話す予定です

聞こうかな?という方は以下で登録すると、開催時のZoomURLを

もらえます(もちろん無料)ので、ぜひ聞いてみてください。

Ringが贈る コロナ禍における飲食店向け 補助金オンラインセミナー

 

前のページに戻る