先月の経費削減・補助金の相談件数

2022
10

65のご相談をいただきました。

2022年9月先々月は、82のご相談をいただきました。

  • 相見積もりOK
  • 値下げ交渉歓迎
  • 過去13年3,000社以上
お電話での無料相談・お問い合わせ

【補助金コラム】朗報?! 来年度の事業再構築は売上減少要件が撤廃!

【補助金コラム】朗報?! 来年度の事業再構築は売上減少要件が撤廃!

2022.11.21
   

こんにちわ!

もう既にご存じの方もいらっしゃると思いますが、来年度も事業再構築補助金が
継続される予定です。

事業再構築補助金と言えば、コロナ禍により売上が厳しい企業・事業者が、
業績のV時回復させる新しい取り組みへの投資に対し補助金を出す制度のため、
売上が伸びている企業・事業者は申請できませんでした

しかし!

売上がコロナ以前と比較し伸びている企業・事業者も来年度の
事業再構築補助金は申請できるようになります!

詳しい方は、今年もグリーン成長枠(グリーン成長の課題解決に取り組む事が条件)で
売上が減少していない企業・事業者も申請出来たよね~とご指摘があるかも知れませんが、
グリーン成長枠は、枠の要件から申請できる企業がかなり少なく、直近に発表された第6回の
申請でも申請総数が493件とかなり少ないです。
(再構築補助金第6回の総申請数15,340件に対し493件ですから3.2%の構成ですね)、

 

そのためグリーン成長枠は置いといて・・・

来年度の事業再構築補助金の募集枠

最低賃金枠、物価高騰対策・回復再生応援枠、産業構造転換枠、成長枠

グリーン成長枠、サプライチェーン強靭化6枠が募集されますが、

その中の成長枠についても、売上減少要件を撤廃と発表されました。

図:中小企業庁・小規模事業者等関連 令和4年度補正予算のポイントより

 

成長枠ってどんな枠?どんな要件があるの?となりますが、現時点で分かっているのは
「市場規模が10%以上拡大する業種・業態」の部分だけですが、新しくやろうとすることって
多くの場合は、伸びている分野に進出になりますので、かなり多くの企業・事業者が対象に
なってくると予想されます。

 

また!

賃上げに対する支援として、

補助事業期間内に事業場内最低賃金を年45円以上引上げた場合等
に補助率を1/2→2/3に引上げ。

また事業終了後3~5年で同水準等を達成すれば上限3,000万円増

従業員数によって、補助上限金額の設定が2,000万円・4,000万円・・・とありましたが

その上限金額に上乗せ可能なので、より充実した補助事業に取り組む事が可能です!

 

今まで売上が下がっていなかったから再構築補助金に申請しかったけど、

できなかった企業・事業者の皆様!

第8回の締切が1月13日のため、その直後に詳細が分かると思いますので
今から具体的なイメージを作り上げていくことをお勧めします!

 

お問い合わせ・ご準備はお早めに!

経費削減・補助金無料診断

前のページに戻る