先月の経費削減・補助金の相談件数

2021
10

48のご相談をいただきました。

2021年9月先々月は、62のご相談をいただきました。

  • 相見積もりOK
  • 値下げ交渉歓迎
  • 過去13年3,000社以上
お電話での無料相談・お問い合わせ

【補助金コラム】2022年の事業承継・引継ぎ補助金に「再生」を追加

【補助金コラム】2022年の事業承継・引継ぎ補助金に「再生」を追加

2021.11.8
   

こんにちわ!

先月頭に報道が有りましたが、来年の事業承継・引継ぎ補助金には、再生の型が増えると報道が有りました。

 

多くの方は、事業承継・引継ぎ補助金と言われても、どんな内容が対象になるのか?よく分からないと思いますが、

2021年では、経営者交代型M&A型創業支援型の3類型でした。

 

経営者交代型で一番分かりやすい内容は、親子で代替わりすることですね。

M&A型は、そんなに説明しなくてもイメージしやすいと思いますが、会社まるごとの売買ですね。

創業支援型は名前まんまで、創業支援…では無く、創業する時に廃業する事業の設備等を

引き継ぐ事が対象になってきます。

どれもそうですが、「引き継ぐ」ことがポイントですね。

 

https://jsh.go.jp/r3/

 

その引き継ぎの中の何が補助対象かと言うと

承継後の設備投資や販路開拓費を補助する「経営革新」枠と、

M&A(合併・買収)の費用を支給する「専門家活用」枠があります。

ご存じなくM&Aや事業継承してたよ!という方もたまにお聞きしますね。

 

その事業承継・引継ぎ補助金の型に「再生」が加わるそうですが、

その「再生」はどんな内容かと言うと

借入金の返済計画見直し(リスケジュール)や債権放棄に応じる金融機関に

500万円程度を支給するといった感じらしい。

金融機関の支援を受け、再生計画を策定する企業の活用を想定しているそうなので、

「経営改善計画」の拡充版のような印象ですね。

 

来年以降に廃業する会社が一気に増えるだろう、なんて声もたまに聞くので

この補助金に限らず、なんとかしていきたいですね。

 

補助金・経費削減の相談がメインですが、普通の経営相談もやってますので

ご相談がある方は、お気軽にお問い合わせ下さい。

経費削減・補助金無料診断

 

前のページに戻る