先月の経費削減・補助金の相談件数

2022
12

53のご相談をいただきました。

2022年11月先々月は、50のご相談をいただきました。

  • 相見積もりOK
  • 値下げ交渉歓迎
  • 過去13年3,000社以上
お電話での無料相談・お問い合わせ

【補助金コラム】遅ればらせながら・・・事業再構築補助金 第7回の実績報告

【補助金コラム】遅ればらせながら・・・事業再構築補助金 第7回の実績報告

2022.12.21
   

こんにちわ!

12月15日に事業再構築補助金の第7回公募の採択発表がありました。

先週の事なので、もうすでにご存じの方も多いかと思いますが、

当社の申請支援実績も合わせて報告していきたいと思います。

https://jigyou-saikouchiku.go.jp/pdf/result/koubo_kekka_gaiyou07.pdf

 

上の表が応募数と採択数の一覧になりますが、

2021年度の公募期間だった第5回までは2万件前後の応募があったのに対し、

2022年度の第6回と今回の第7回は共に約1万5千件ほどの応募に減っており、

申請件数が減ってきている事が分かります。

 

2021年度は、特にしばりが無かった補助対象の建築(新築)が、2022年度は

新築が必要な理由が追加になったりと、補助金制度の内容が変化している事や

申請する事業者様が、どんどん採択されていき応募する事業者様の総数が

減っていっている事等複数の理由で応募件数が減少してきている感じですね。

 

採択率については、通常枠が申請数も多いため採択率47.3%

次いで緊急対策枠が55.4%、回復再生応援枠が62.4%と、第6回公募と

大きな差異は無さそうな感じですね。

 

実際弊社で申請支援を行った事業者様も、通常枠は採択率が若干低めの60%

緊急対策・回復再生応援枠では80%と全体の採択率よりは良かったですが、

なかなかこれ以上の採択率upが難しいなと感じています。

 

ただし、不採択の場合のリベンジも出来るため、弊社での最終的な採択率は

90%弱くらいになっているのかなと思います。

 

と、そんな結果を吹き飛ばす、あっと驚く発表も15日にありました。

それは、当初予定されていなかった今年度4回目の公募!ですね。

 

2022年度の公募は3回程度を予定されていたため、2023年1月13日締切の

第8回公募が今年度では最終であり、2023年4月以降に第9回公募がスタートすると

思われていましたが、2023年3月中下旬締切で第9回公募が発表されました

追加公募が発表される理由は・・・大抵一つですね。

 

そんなんなら、もっと1回当たりの採択数増やしてくれれば!とも思いますが

私たちには分からない理由で追加されたのでしょう!

 

という事で第9回公募の申請支援を受け付けておりますので、

ご検討されている方は、お問い合わせください。

第9回の申請支援受付は2023年2月上旬あたりを締切で予定しています。

ただ弊社で受けれる件数の上限に達したら、次回以降になってしまいますので

お問い合わせはお早めにお願いします。

経費削減・補助金無料診断

 

 

前のページに戻る