先月の経費削減・補助金の相談件数

2022
12

53のご相談をいただきました。

2022年11月先々月は、50のご相談をいただきました。

  • 相見積もりOK
  • 値下げ交渉歓迎
  • 過去13年3,000社以上
お電話での無料相談・お問い合わせ

【補助金コラム】大人気の事業再構築補助金 2023年度の概要がだいぶ出てきましたね

【補助金コラム】大人気の事業再構築補助金 2023年度の概要がだいぶ出てきましたね

2022.12.12
   

こんにちわ!

補助金の中で一番お問い合わせが多い気がする事業再構築補助金の

2023年度のチラシが告知され、だいぶ概要がわかってきましたね。

 

以前のコラムでも、2023年度も継続される等のご案内をしていましたが

12月8日の補正予算成立で確定になりました。

申請枠によっては補助率が1/2になる等、若干自己負担率が増えた?とも思う部分もありますが、

従業員の賃上げを行えば補助率2/3へ引上げ等の要件がありますので、実質の補助率としては

変わりない印象を持ちます。

 

再構築補助金と言えば、採択前に行う事業も対象にできる事前着手制度が、他補助金と一線を

画しているのですが、2023年度は事前着手制度は継続されるのか?

まだ何も記載がないので分かりません!

 

今までの補助金の流れでは、2023年度は事前着手は無くなりそうかな・・・とも思うのですが、

この補助金の性格(急いで事業を再構築しないといろいろな物が手遅れになる事業者向け)を

考えると、応募申請・採択・交付決定等を待っていられない方向けに継続しそうな気もしますし、

成長枠等のコロナ禍での売上の減少要件が不要になる枠の新設からも、事前着手制度は

2022年度で終了のような気もしますし、悩ましいですね。

 

ただ再構築補助金の申請支援を行っている自分としては、交付申請後の事務局の対応スピードが

目に見えて遅くなってきておりますので、事前着手制度が無いと事業完了も儘ならない状況に

なってしまう気がしますので、残してほしいですね~。

 

2022年12月時点で、交付申請しても1か月以上事務局の内容チェックの順番待ちといった

状況が続いています。

チェックしてもらって申請の修正・資料の追加等行っていると、交付申請から交付決定まで

3か月とか平気でかかっていますので、待たされて困っている方が多くいらっしゃいます。

事務局に声掛けをすると、混んでるから順番に・・・としか言わないですし

(それしか言えないんでしょうけどね)、事前着手制度が無いと、どうなってしまうのか・・・

恐ろしいです。

 

少しでもスピーディに補助金申請・事業実施を行えるよう支援しておりますので、

ご相談ください!

経費削減・補助金無料診断

 

 

 

前のページに戻る